福利厚生

ドクターも女性スタッフも、長く・安心して働ける
職場となるために「福利厚生」の充実を目指しています。

福利厚生

働く上で、誰にとっても福利厚生はとても重要ですよね。将来のことも考えての職場選びをするためにも、当院の福利厚生についてご紹介したいと思います。

入社前と入社時に条件はしっかりとお伝えするようにしますが、何か不明点や疑問点があれば必ず聞いて下さい(条件面の質問をしたから面接評価が下がるということはないので安心して下さい)。

また社会労務士と協力して制度を整えております。法律に則った運用をしており、質問がある場合にはプロから回答してもらうことも可能ですので、みなさんは安心して働くことができると思います。


歯科医院と福利厚生

実は、多くの歯科医院は、まだまだ福利厚生の部分がしっかりしていない医院がたくさんあります。

  • 結婚出産したら、戻ってきてほしくないから産休育休を拒否する
  • 会社のルールである「就業規則」がないので、院長の気分でいろいろ変わる
  • 有給取得可能と書いてあっても、全然取れないから友人の結婚式にも行けない
  • 有給休暇を取りにくい雰囲気がある
  • 歯科医師は有給も産休も取れない
  • 残業代をあきらかにごまかしているし、計算が適当
  • 福利厚生のことを聞くと院長が不機嫌になるから聞けない

などなど、このような話は歯科にかぎらず医療業界ではよく聞く話です。
当院では、女性が長期にわたって働きやすく、
望むライフプランを実現できるようサポートできる歯科医院を目指しています。


鈴木歯科医院の福利厚生

各種保険・厚生年金を完備

厚生年金

社会保険、雇用保険などの各種保険はもちろん、厚生年金も加入しています。歯科医院にかぎらず、中小企業でも「会社の負担が増えるから」という理由で加入していない企業が多いようですが、当院では加入していますので安心して下さい。
厚生年金は、雇用者と同額を事業者(医院)が負担しています。そのため、老後に受け取れる年金の額が、国民年金よりも非常に大きくなります。年金不安が大きい昨今ですが、どの制度よりも今のところ信頼をおけるシステムではないでしょうか。

産休育休制度の取得

産休育休制度

一定期間の勤務をして下さった正社員のスタッフには、産休育休制度の取得を推奨しています。
加入している保険から補助金が出ますので、これから結婚出産を考える女性にとって欠かせない仕組みですね。しかも、産前産後の休業期間中、及び育児休業中の厚生年金料が免除されます。
産休に入る前にしっかりと実力を身につけ、ぜひ自信を持って復帰できるような状態を目指していきましょう!そのためのサポートを医院としても全力で行います!

子育て応援宣言!充実した復帰制度を用意

育休から復帰して下さったスタッフさんには、お子さんが3才になるまでの育児期間には、正社員のまま時短勤務が可能です。育児と仕事の両立を応援しています!(※産休育休の取得は法律上、入社の年数に条件がありますので、入社して即申請することはできません)

また、お子さんが3才以上になった場合にも、復職できる複数のパターンを用意しています。ここまで制度を整えているのは、歯科医院だけでなく一般の中小企業ではそれほど多くないのではないでしょうか。

女性中心の職場ですので、なるべく働きやすく、長く勤務できる歯科医院づくりを目指しています。あなたの希望や状況を踏まえて、相談しながら柔軟に対応していきます。

▼子供が3才以上になった場合に働き方のパターン

フルタイムで復帰する 常勤スタッフとして復帰することで、給与・賞与の水準は復帰前の水準に戻ることが可能です。これで、他の職場を探すよりも金銭面でも有利だと思います。もし一度復帰してからやはり難しいということでわれば、状況によって時短勤務やパート勤務に変更することも可能です。
フルタイムで復帰しても家庭との両立のために、勉強会への出席や医院の取り組みなどは独身のころと同じペースでは難しい・・・という場合の復帰のパターンも検討しています。希望により柔軟に対応可能ですので、相談していきましょう。
時短勤務を継続する(正社員) 保育園に迎えに行かなくてはいけない、結婚して家事との両立が大変なので時短にしたい・・・という方向けの制度です。常勤スタッフの3/4以上の勤務時間を確保することで、厚生年金に加入可能です。出産前の評価もリセットされることなく給与設定に反映されますし、賞与も支給されます。※勤務時間によりフルタイムのスタッフよりも給与・賞与の額は減額されます。
パートスタッフとして復帰 家庭や育児に比重を置きながら、自分のペースで働きたいという方には、パートスタッフとして復職していただけます。時給の設定は、出産前の評価基準が対象になるので、他の職場に勤めるよりも有利な条件で働ける可能性が高くなります。

週40時間の労働時間規定

小規模の個人経営の歯科医院では、週44時間が法定労働時間となっています。しかし当院は医療法人なので週40時間が規定の時間です。40時間を超えた分については、残業代として計算して支給します。

つまり、もし同じ時間を勤務した場合には16時間分も給与面でも差がつくのです。さらに、残業代のなので割増計算となります。個人の小規模歯科医院に比べると、条件面でとても有利です。

残業代は1分単位で支給します

残業代は1分単位で計算してお支払いしておりますので、安心して下さい。働いた分をしっかり収入として得ることができます。労務面においては当たり前のことが当たり前ではない医療業界だからこそ、しっかりとしたいと思っています。

研修会・セミナー参加費補助制度

研修会・セミナー参加費補助制度

研修制度について詳しくはこちらのページに記載がありますが、研修会やセミナー参加費用の全額、もしくは半額を医院負担で参加可能です。この制度は全ての職種に適用可能です。自分で参加したいセミナーを探してきて参加することも可能ですし、院長や先輩と一緒に参加することもあります。ぜひ、あなたのスキルアップに活かしてください。

その他の福利厚生

賞与あり(年2回)、昇給制度(年1回)、交通費支給(上限●万円)、セミナー・資格取得補助制度、雇用保険、労災、有給取得制度、夏季休暇、年末年始休暇、制服貸与、定期的な食事会、車・バイク通勤可(駐車場あり)

鈴木歯科クリニックの日常をチェック♪CLINIC BLOGS

見学・面接の申し込みは、電話かWEBからお気軽にご連絡ください。
面接(見学)希望とお伝えください

tel:0120-68-1855

受付時間:9:00~18:00 / 木・土は12:30まで / 木曜午後・日・祝日は休診

 WEBからの応募・見学申込みはこちら

ページトップへ