鈴木歯科クリニックが目指していること

鈴木歯科クリニックが目指していること

  • 1.患者さんのQOL(人生の質)を高める治療と予防の提供を目指し続ける
  • 2.「働いてよかった」と心から思える職場となる
  • 3.永く地域の皆さまの健康を守れる歯科医院

1.QOL(人生の質)を高める治療と予防の提供を目指し続ける

予防にさらに力を入れていきます

山形は都心に比べると、まだまだ歯に対しての価値観が低いように思います。10年前から比べるとはるかに定期検診に通う方が地域全体で増えた実感はありますが、まだまだ子供も大人もむし歯が多い状態が続いています。
そんな中で、当院は今でも予防に取り組み定期検診を推奨しています。ただ、もっともっとできることはたくさんあります。まずはより予防を当院の中で啓蒙できる体制を構築したいと思っています。歯科医師はもちろん、スタッフ1人1人が予防の大切さを理解し、伝え続けていくことが大切だと思っています。
そして、診療システムも改善を行い、エビデンスに基づいた予防システムの確立や歯科衛生士による施術のレベルアップにもより一層取り組んでいきたいと思っている課題です。特に診療システムにおいては台数の制限などから、やりたくてもできていないことがありましたが、今後ユニット増設も考えて取り組んでいきます。

まずは山形市の中でも予防を積極的に取り組む医院の1つとなり、それを長期的には山形全体の歯科医院で協力して地域の健康を守っていくことを目標の1つとしています。

良質な治療で患者さんの10年、20年後の未来を守る

また、予防だけでなくやはり治療の質も重要です。悪くなった部位を治すだけの治療では、長期的に口腔内は崩壊していきます。当院は審美治療やインプラントを希望される患者さんが非常に多いですが、いくら歯が取り戻せても、いくら見た目がきれいになっても、目先の悩みを解決するだけでは後々患者さんにとって不幸な結末が待っています。
歯医者での治療は、つい目の前の口腔内だけ、目の前の患者さんの要望だけに応えることに精一杯になりがちです。それだけでも患者さんは喜びますし、医院の経営は成り立つからです。

しかし、本当にそれで患者さんのQOL(人生の質)向上に貢献していると言えるでしょうか。患者さんには、口腔内の未来は予測できません。ですので、私たちが患者さん以上に患者さんのことを考え、心配してサポートすることが必要ではないでしょうか。まだまだ当院も、全ての患者さんに徹底してできているか、院長含めスタッフ全員がそこまで考えられられているかというと、こちらもまだまだ発展途上です。
しかし、患者さんの今の生活に加えて将来の未来像まで想像し、プロとして支えていける治療を行っていくことが当たり前の歯科医院を目指していきます。


2.「働いてよかった」と心から思える職場となる

みんなで一緒に居心地の良い環境をつくりたい

職場は家よりも過ごす時間が長い場所です。そして、長期勤続となると10年、20年と通いつづける場所となります(実際に当院にも10年以上勤務してくれているスタッフが複数います)。
そんな場所が、居心地が悪くて、行くのが苦痛となってしまったら本当に嫌ですよね。もし、そうなってしまったら、院長として私は本当に責任を感じますし、本当に辛い気持ちになります。
理想は、いつか定年退職する時、もしくは何かしらの都合で退職せねばならなくなった時に、「ここで働いてよかった」「できれば働き続けたいし、チャンスがあれば戻ってきたい」と、上辺ではなく心から思ってもらえるような職場を実現したいと思っています。

もちろん、人が集まって働いていますし、人を相手にしている仕事なので、いろいろな悩みや問題も起こります。時にはスタッフ同士でなんだかギクシャクしてしまったり、うまくいかったりすることもあると思います。院長に対しても不満があったり腹が立ったりすることもあるでしょう。先輩に対しても同様です。

そんな問題や不具合が起こったときには、院長としてより状況がよくなるための努力します。それはお約束します。すぐに改善・解決につながらなくても一緒に考えていきたいと思っています。私の改善点であれば、それも一生懸命取り組みます。
しかし、それだけではなく1人1人が「みんなで居心地のよう空間と関係性を大切にしよう」という共通認識と、努力をするチームでありたいと思っています。ぜひ、みんなで一緒に成長し、一緒に良いチームを創っていきましょう。


3.永く地域の皆さまの健康を守れる歯科医院

ずっと地域に貢献できる組織を目指します

理事長の鈴木は、年齢が50才を超えています。今も非常に元気に診療をしていますし、生涯現役!と意気込んではおりますが、人並みには寿命はありますし体力の衰えには逆らえない時期もくるでしょう。
鈴木が引退せざるを得なくなったとしても、寿命を迎えたとしても、守らなければならないものがあると思っています。それはもちろん、患者さんとスタッフの皆です。
私たちは、本気で患者さんや地域の皆さんの健康の役に立ちたいと思っています。そうやって本気でサポートすればするほど、ずっと永くサポートしたいと思うものです。理想は、いま通っているお子さんが大人になって、その子供、そしてさらにその子供まで・・・と、家族ごと健康のサポートをしたいと思います。

それに、数ある歯医者と比較しても、私たちは真摯に治療に向き合っていますし、患者さんに向き合っているという自負があります。当院がなくなってしまうことで、安心して自分の口を任せられる人がいなくなってしまう人も出て来ることが想像できます。

そして、スタッフの皆も同じです。私はずっと長く働いてほしいと思っていますが、私より年齢の若いスタッフしかいません。ということは、私が現役を引退したとしても仕事をし続ける必要がるスタッフも当然います。ベテランになってからまた新しい職場を探さなくてはならない・・・という状況に直面させてしまうようにはしたくありません。鈴木が引退しても、その後もずっと大切な患者さんのサポートをしてほしいですし、自分の居場所としていてほしいというのが願いです。

「鈴木歯科クリニック」という名前は無くなっても良いと思っていますが、未来において患者さんやスタッフが幸せでいられる場所を当院が生み出せているとしたら、それは長く存在してほしいと思うのです。

これらを実現するためには、診療体制の確立や、患者さんやスタッフへの思いや価値観を理解して医院継承してくれる歯科医師の存在が必要です。これから、しっかり取り組んでいこうというテーマです。

残りの私の歯科医師人生をかけて、これらの3つの目標へ向けて進んでいきたいと思っています。

鈴木歯科クリニックの日常をチェック♪CLINIC BLOGS

見学・面接の申し込みは、電話かWEBからお気軽にご連絡ください。
面接(見学)希望とお伝えください

tel:0120-68-1855

受付時間:9:00~18:00 / 木・土は12:30まで / 木曜午後・日・祝日は休診

 WEBからの応募・見学申込みはこちら

ページトップへ